読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イン・ザ・プールの購入をご検討ならココ♪

笑いの合間に!思わず納得・関心させられてしまうツボをついてくるところが巧妙です。小さな事でクヨクヨするのが!バカらしくなってしまう本でした。 伊良部精神科医師。

いまオススメの商品♪

2017年03月17日 ランキング上位商品↑

イン・ザ・プールイン・ザ・プール [ 奥田英朗 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

大好きな奥田秀朗さんの作品なので購入しました。個人的には!マユミさんのファンです。そんな内容なので仕事帰りの電車で読むにはもってこいの本だと思います。ドラマは、伊良部先生も看護婦さんも、配役がイメージとは異なっており、ちょっと残念。一方の患者さんたちは、ちょっとリアルな感じがします。だって患者の病も変ですから…。しかも軽いノリで!!伊良部先生の常識にとらわれない自由奔放で型破りの行動が!馬鹿らしいと思いながら引き込まれてしまいます。それぞれの患者の視点で描かれていますが!よくよく読むと!精神的な異常があるから故の言動が隠されており!また一層深みが増します。なるほどなぁって受け止め方によるけど、うなずく事多いデス!程度の差こそあれ、案外他人事じゃない気がしました。単純に面白いです。「暇ならおいで」言われてみたいです。ナンテ楽観的な私でも人生ン十年生きていると多少は理屈じゃない事も知っている訳ですから。本作は神経科の医師の物語ですが、神経科の患者に限らず不幸なことから抜け出すにはやはり人が必要だと思い知らされました。それに医者である伊良部先生のほうがそれよりももっと病気じゃないのって感じ。登場するキャラクターが良いです。人生なんてホント少し考え方など変えると随分違うだよねぇ〜って教えてくれます。到着が楽しみです。それは最後の「義雄は以前よりちょっと、人間が好きになった。ただし、ストレートにその悩みの元を探して根絶するのではなく、面白い視点からメスを入れる。対する伊良部先生とマユミ看護婦もまともじゃない。内容はご存知の通り!ちょっとおかしな(…というか変態…)精神科医と!悩み多き患者さんの話。「なんてヤブ医者だ!」とキレそうになるくらいの医者なんですが、そのヤブっぷりが、何故か良い方向へと転がって行きます。患者の症状が神経科を訪れるくらいだからまともじゃありません。 思わず、笑っちゃうところもいっぱいで、とても素敵な1冊です。精神科医の伊良部のもとに訪れる、一風変わった症状を訴える患者たちの短編集です。面白すぎます。頼りがいがなく「こいつ!本当に医者か!?」と疑ってしまうような伊良部先生が!変わった患者たちの悩みを解いていく。物は考えよう、、、なのでしょうか、どんな事でも、考え方一つでハッピーになれるかもしれない、と思えました。この三者が絶妙なお笑いの世界を構成しています。」という一文で著者が意図していることでもあると思いました。。おもしろかったです。とにかく気軽にすっと読める本です。また!物語はすべて患者の視点から書かれており!伊良部やマユミちゃんの意図(もしくは無意識)が表現されていないことに想像を掻き立てられました。気軽に読めます。そして一緒に伊良部先生に癒されちゃってください(笑)直木賞作家の奥田英朗著の注目作です。このような展開は実際には無いと思いますが!人生は大胆に楽しんでいきたいものです。シリーズ物だと後で知ったので続編も買おうと思います♪心の病や何か悩み事がある人にオススメです。続編も購入しようとおもいます。精神科の伊良部先生!最初は「なんだこの人!?」と思ったのですが!読んでいくうちにすっかりファンになっちゃいました。通勤時の気分転換にと思い購入しましたが、、、おかしくて頭が崩壊しそうでした。まだ読んではいませんが!非常に楽しみです。これらの患者さんと伊良部先生のやり取りは、物語のはじめの方では患者さんの方が筋が通っているような感じ、伊良部先生は滅茶苦茶です。何もかも変な精神科医が!いつの間にか患者の気分を癒してくれる!それがまた面白おかしくね。。でも!そのうちにスケールの大きいロジックで伊良部先生が解決。 これが永遠の謎なんだけれど! 心を病んだ患者達が!治癒していく。デブで不潔で変態の伊良部医師が!おそらく偶然に口にした言葉や行動で!結果的に救われて行く患者。第4話『フレンズ』のマユミさんがいいですね。その視点こそがこの小説のいいところで、いつの間にか、伊良部先生の虜になってしまう。友人から!空中ブランコという本が面白い!ということを聞いて調べていた所!伊良部シリーズの1冊という事を知りじゃぁ伊良部シリーズ第一弾を読んでみようではないかと思い購入しました。読んで良かった1冊です。 ものすごい名医なのか・・ 単なる 馬鹿なのか。読む終わったときには少し前向きに!そしていままで自分を悩ませていたモノとうまく付き合っていけそうな気さえしてきました。初めて奥田作品読みました。期待を込めて星5つにしました。医学博士伊良部一郎の「いらっしゃーい」という声!体型!注射フェチ!黄色いポルシェ!!!よくもこれだけ気色悪い主人公を作ったものだと思います。。