読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンビニを楽天ポイントで購入ならコチラ!

私にとっては!のめりこむほどの内容ではなかったですが!放っておくほどつまらないということはなく!面白く読めたと思います。期待して読みましたが、思ったよりも薄っぺらい内容でがっかりです。。

下記の商品です!

2017年03月17日 ランキング上位商品↑

コンビニコンビニ人間電子書籍】[ 村田沙耶香 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

身近なコンビニが舞台だからかな?毎日行くであろうコンビニが舞台でありながら!主人公はかなり異質!です。一読することはおすすめします。内容も面白かったです。選考委員さんたちが!絶賛しているのもサクラかよと思うくらい。芥川賞って!もっと純文学調だと思ってたんですが!最近はそうでもないんですね。この異質な主人公が思うところは、心に残りました。良かったです。これから、もっと購読していきたいです。一気によみあげました。ざんねんでした。普通の人と一線を画しているが、本人はそのことを理解している。すごくおもしろかったです。読み易かった。久々に本をよみました。と思っていたのも最初から中盤まで。だから!普通の人のふりをして生活している。みんなにとって普通なこと!それが常識や根拠になること!食べものと人間関係…はみ出るとよく怒られるからなーけど!はみ出してしまうんだよね!という人とはみ出さないようにする人!のギャップをよく描写してると思います。読む人が主人公に対して理解を示せる人!または主人公の悩みを受け入れることができる人でないと面白みは半減します。作品自体は面白いです。福祉分野の理解がある人であればわかりますが、発達障害のような面影があります。コンビニの仕事の流れの様子が目に浮かんでくるようです。この主人公の行動に共感できる人は少ないかもしれませんが、こんな人もいるんだという勉強にはなるかもしれません。電車の中で読むために購入しました。芥川賞受賞作なのでところどころ考え込んでしまうかな?と思っていたけど!最後まですぅーと読めた。時代がそうさせているんでしょうけど。この主人公は特殊な存在です。この本の主人公のような苦しみをもって生活している人はたくさんいます。しかし!この作品は読む人を選びます。アプリなどを取るのに苦労しましたが!なんとか電子書籍初体験ができました。